つみ木の家

併用住宅を建てるメリット|グレードの高い家を手に入れる

商売人の住まい

部屋

店舗併用住宅は、商売人の住まいに最適です。店舗併用住宅を建築すると、店舗で商売をしながら家族と一緒に暮らすことができます。店舗併用住宅は税金の面でもメリットがあり、相続税や固定資産税の節税に貢献します。

この記事を読む

新しい形態の二世帯住宅

家

住宅ローンを軽減できる

マイホームを建てる時にはほとんどの人が住宅ローンを組むことになります。最近注目されているのが、賃貸併用住宅です。これは1つのマイホームの中に住居用と賃貸用の部屋がある住宅のことです。このような併用住宅にするメリットは、家賃収入を住宅ローンの支払いに充てることができる点です。このような併用住宅にすることによって住宅ローンの支払いを減らすことができ、またマイホームを建てる時の資金不足の心配をなくすことができるため、様々なメリットを得ることができます。例えば郊外にしか建てられなかったのが、併用住宅にすることによってもっと街に近い便利な場所に建てることが可能になります。また手持ち資金で建てられるマイホームよりも、もっとグレードの高い家を建てることもできます。それもこれも家賃という収入が期待できるからです。

家づくりの選択肢が増える

賃貸併用住宅が人気なのは、住宅ローンの支払いが楽になるからです。その他にも将来的に考えた場合、家賃用の住宅部分を結婚して独立する子ども世帯用にすることも可能です。つまり併用住宅のメリットをそのまま活かして、二世帯住宅として活用できるのです。このようにライフスタイルは年を経るごとに変化していくものですが、併用住宅はそれに合わせて活用できる点が人気の理由でもあります。特にこれからは高齢化社会に向かっていきます。病院や養護施設などに便利な場所にマイホームを建てたいと誰でも思います。しかしそのような便利な場所は地価が高く、住宅建設費も高くなります。そのような場合でも併用住宅にすれば家賃収入を住宅ローンの支払いに組み込めば、より高い住宅でも建築可能になります。併用住宅は老後を見据えた家づくりでもあるのです。

賃貸用の部屋を作る効果

住宅

最近は家の建て替えをする時に賃貸併用住宅にする人が増えています。1つの建物の中に自宅とは別に賃貸用の部屋を作って貸し出すのが目的です。家賃収入を住宅ローンに充てることができます。賃貸併用住宅を建てる時は賃貸需要を見込めることが大事です。また併用住宅の経験豊富な建設会社に依頼することが必要です。

この記事を読む

本当の資産を建てよう

ファミリー

収入を生まず支出ばかりの持ち家は、資産ではなく負債です。収入を生み出す持ち家を建て、本当の資産に住んでみてはいかがでしょうか。自宅部分と賃貸部分とがある併用住宅であれば、毎月安定した家賃収入を得ることができます。

この記事を読む