住宅

併用住宅を建てるメリット|グレードの高い家を手に入れる

商売人の住まい

部屋

物品販売業などの商売を営んでいる人は、店舗併用住宅を建築すると、店舗で商売をしながら家族と一緒に暮らすことができます。店舗を借りる必要がなくなりますので、コストの削減にもつながります。店舗併用住宅を建築するには、立地条件が非常に大事になります。土地を探す時には、商業地域の中にある土地や商業地域に近い土地を選ぶようにします。交通量の多い幹線道路沿いの土地は、店舗併用住宅の建築に向いています。店舗併用住宅の建築は、注文住宅の施工実績が豊富な工務店やハウスメーカーなどが得意としています。経験豊富な業者に依頼することによって、理想的な店舗併用住宅の建築が可能になります。施工業者を選ぶ時には、業者のホームページに掲載されている施工例の写真が参考になります。

商売人が店舗併用住宅を建築すると、いろいろな面でメリットが得られます。店舗併用住宅は職住が一体化しているため、家族との生活を大切にしながら、店舗で商売をすることができます。店舗併用住宅は税金の面でもメリットがあり、節税に大きく貢献します。条件を満たしている店舗併用住宅は小規模宅地等の特例が受けられ、相続税対策として有効です。固定資産税の節税効果もあるので、商売人にとってはメリットが大きいです。併用住宅は商売人だけでなく、医師や歯科医師、税理士などの士業に従事している人の住まいとしても最適です。医院と併用したり事務所と併用することが可能ですので、家族と一緒に暮らしながら医院や事務所を開業できます。