住宅

併用住宅を建てるメリット|グレードの高い家を手に入れる

本当の資産を建てよう

ファミリー

本当に金融リテラシーが高い方は、持ち家を負債と考えます。持ち家は収入を生まないほか、多くの支出が発生するためです。資産を増加させるどころか毀損させる存在であるため、持ち家は資産ではなく負債なのです。しかし、収入を生み出す持ち家とすることで、資産にすることが可能です。それを実現するのが併用住宅です。自宅部分と賃貸部分が1つの建物内にある併用住宅は、賃貸部分から家賃収入を得ることができます。毎月安定した家賃収入を得られるため、持ち家が本当の意味での資産となってくれます。毎月得られる家賃収入は、様々なことに利用できます。家賃収入で住宅ローンを返済できるほか、年金としても利用可能です。収入を生み出す持ち家を建て、豊かな生活を送ってみてはいかがでしょうか。

併用住宅を検討する場合には、賃貸部分の管理を考慮する必要があります。賃貸経営をスムーズに行なうためには、不動産投資の知識と経験が必要となります。併用住宅を建てたからといって、安定した家賃収入を得られるわけではありません。事前にしっかりと計画を立てることで、魅力のある併用住宅となります。不動産投資の知識や経験がある方は、自分自身で賃貸経営を行なうことが可能です。しかし、知識や経験がない方や賃貸部分の管理が面倒に感じる方は、不動産管理会社に管理を依頼するといいでしょう。入居者の募集や入居者との契約、入居者への対応など、賃貸経営に関わる業務を不動産管理会社が行ってくれます。併用住宅を建てる前から不動産管理会社に相談することで、スムーズに賃貸経営を始めることが可能です。