住宅

併用住宅を建てるメリット|グレードの高い家を手に入れる

賃貸用の部屋を作る効果

住宅

ローンの支払いが楽になる

最近は家を建て直す時に賃貸併用住宅にする人が増えています。これは1つの建物の中に自宅用と賃貸用の部屋が併設されているものです。なぜ賃貸併用住宅にするのかというと、建物の一部を貸すことによって家賃収入が見込めるからです。その家賃収入を住宅ローンの支払いに充てることができるのです。例えば都会の中の狭小地などでは3階建て住宅を建てるケースが多いですが、1階部分を賃貸にして2階と3階を自宅にするといった建て方ができます。1階部分を住居用にすることもできますし、店舗として貸し出すことも可能です。賃貸併用住宅のもう1つの特徴は、将来的に自宅として利用できという点があります。家族構成は年と共に変化しますので、家族が増えたり子どもが独立する時に賃貸用の部屋をあてがうことができます。

賃貸需要のリサーチが大事

賃貸併用住宅を建てる時に気をつけたいのは、賃貸需要が見込めるかどうかをリサーチすることです。建てたのはいいが入居者がいないとなると、住宅ローンの支払いが多くなる可能性があります。そのためには綿密な資金計画を立てることが必要です。特に住宅ローンの返済プランに余裕を持たせることです。賃貸併用住宅は一般の住宅とは違うので、実績のある建設会社を選ぶことが大事になります。賃貸用の部屋の場合、ドアの位置や道路からの動線などを自宅とは別に考える必要があります。そのため賃貸併用住宅の建設経験が豊富な建設会社なら安心できます。また賃貸用の部屋を併設すると、その部屋の管理なども行うことになります。規模が大きい場合は管理運営の会社とパートナーを組む必要があります。